弁護士法人ITJ法律事務所

最高裁判例


戻る

平成30年12月19日宣告
平成3殺人被告事件(裁判員裁判)
主文
被告人を懲役15年に処する。
未決勾留日数中110日をその刑に算入する。
福岡地方検察庁で保管中の包丁1本(同庁平成30年領第1639号符号1)を
没収する。
理由
(犯行に至る経緯)
被告人は,かねてより単身で家族とも疎遠な暮らしを送っていたが,平成29年
8月,デリバリーヘルス店を利用した際,従業員であったA(以下「被害者」とい
う。)と知り合い,その後繰り返し被害者を指名する中で,被害者に好意を抱くと共
に被害者も被告人に好意を持っていると感じ,平成30年3月以降は店を通さずに
被害者と会うようになった。その後も,被害者と会うときには金銭を支払っており,
被害者からはあくまでも客として被告人と会っている旨告げられていたが,被告人
は互いに好意を抱き合っていると思い続け,将来は一緒に飲食店を営めるかもしれ
ないなどとの期待も募らせた。しかし,同年4月末,泊りがけで被害者の勤務先ま
で出掛けた際に被害者とけんか別れし,その後被害者から会うことを断られるなど
したため,被害者との関係が続けられないなら被害者を殺して自分も死のうと思い,
同年5月3日,包丁を携えて被害者方まで赴いたが,被害者から謝罪を受けたため
心中を翻意し,不安や不満を抱えつつも,これまでの関係が続くことを期待した。
同月6日夜,被告人は被害者と会い,複数の飲食店を訪れて食事や飲酒を楽しんだ
後,被害者を伴って被告人方に入ったが,その後まもなく被害者が「帰りたい。」な
どと言い出した。被告人はこれに立腹し,被害者を殴る蹴るなどしたが,その際,
被害者から「あんたなんか嫌いよ。」と告げられたため,被害者に対する怒りを爆発
させ,とっさに被害者の殺害を決意した。
(罪となるべき事実)
被告人は,平成30年5月6日午後10時28分頃から同日午後11時34分頃
までの間に,福岡市(以下略)の当時の被告人方において,被害者(当時40歳)
に対し,殺意をもって,手に持った包丁(刃体の長さ約15.3cm。福岡地方検
察庁平成30年領第1639号符号1)をその胸部に2回突き刺し,よって,その
頃,同所において,同人を心臓刺創による出血性ショックのため死亡させて殺害し
た。
(量刑の理由)
本件は,一人の尊い生命が奪われた重大な事案であり,このことは,本件の量刑
を検討する上で前提とされるべきである。
その上で犯行の態様についてみると,胸を包丁で2回突き刺すという行為はもと
より危険かつ残忍なものであるものの,殺人事件の中で特に悪質性が高い方である
とはいえない。ただ,被害者の身体に生じた傷が約13ないし15cmと深い上に
いずれも心臓を貫通し,2回目の攻撃では被害者の身体に包丁の柄までが入り込ん
でいたことから,殺意は大変強かったと認められ,この点は見過ごすことができな
い。動機等についてみると,被告人がデリバリーヘルス店従業員であった被害者に
のめり込んで金銭を費やした経緯には理解できる面もある。しかし,そのような経
緯があったとしても,被害者の殺害を決意したことは,被害者の気持ちを顧みるこ
となく一方的に自己の感情を満たそうとした身勝手なものというほかなく,動機や
経緯の点で大きく酌むべき事情があるとまではいえない。また,被告人が犯行直前
に相当量の飲酒をしたこともうかがわれるが,被告人の犯行後の合理的な行動から
してアルコールが被告人の判断や行動に大きな影響を与えていたとは考えられない。
さらに,20年以上前のことではあるが,被告人は,本件同様包丁を使用した殺人
未遂等により懲役3年の実刑判決を受けて服役した経験があったことも無視できず,
被告人に対する非難を幾分か強める事情である。
このような犯情にかんがみると,本件は,同種事案(量刑検索システムの検索条
件を,処断罪:殺人,共犯関係等:単独犯,組織的以外,動機:男女関係(DVを
除く),凶器等:あり,刃物類,処断罪と同一又は同種の罪の件数:1件として抽出
した結果検索できる事案群)の中では,中間的な部類に属すると考えられる。
その上で,刑を調整する要素として,被告人が事実を認め,被害者の遺族に被害
弁償の申出をするなど反省の態度を示していること等の被告人のために酌むべき事
情を考慮し,被告人に対しては,主文のとおりの刑に処することが相当と判断した。
(求刑・懲役16年,主文同旨の没収,弁護人の科刑意見:懲役12年)
平成30年12月20日
福岡地方裁判所第1刑事部
裁判長裁判官丸田顕
裁判官岩田淳之
裁判官中山さほ子

戻る



採用情報


弁護士 求人 採用
弁護士募集(経験者 司法修習生)
激動の時代に
今後の弁護士業界はどうなっていくのでしょうか。 もはや、東京では弁護士が過剰であり、すでに仕事がない弁護士が多数います。
ベテランで優秀な弁護士も、営業が苦手な先生は食べていけない、そういう時代が既に到来しています。
「コツコツ真面目に仕事をすれば、お客が来る。」といった考え方は残念ながら通用しません。
仕事がない弁護士は無力です。
弁護士は仕事がなければ経験もできず、能力も発揮できないからです。
ではどうしたらよいのでしょうか。
答えは、弁護士業もサービス業であるという原点に立ち返ることです。
我々は、クライアントの信頼に応えることが最重要と考え、そのために努力していきたいと思います。 弁護士数の増加、市民のニーズの多様化に応えるべく、従来の法律事務所と違ったアプローチを模索しております。
今まで培ったノウハウを共有し、さらなる発展をともに目指したいと思います。
興味がおありの弁護士の方、司法修習生の方、お気軽にご連絡下さい。 事務所を見学頂き、ゆっくりお話ししましょう。

応募資格
司法修習生
すでに経験を有する弁護士
なお、地方での勤務を希望する先生も歓迎します。
また、勤務弁護士ではなく、経費共同も可能です。

学歴、年齢、性別、成績等で評価はしません。
従いまして、司法試験での成績、司法研修所での成績等の書類は不要です。

詳細は、面談の上、決定させてください。

独立支援
独立を考えている弁護士を支援します。
条件は以下のとおりです。
お気軽にお問い合わせ下さい。
◎1年目の経費無料(場所代、コピー代、ファックス代等)
◎秘書等の支援可能
◎事務所の名称は自由に選択可能
◎業務に関する質問等可能
◎事務所事件の共同受任可

応募方法
メールまたはお電話でご連絡ください。
残り応募人数(2019年5月1日現在)
採用は2名
独立支援は3名

連絡先
〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6F
ITJ法律事務所 採用担当宛
email:[email protected]

71期修習生 72期修習生 求人
修習生の事務所訪問歓迎しております。

ITJではアルバイトを募集しております。
職種 事務職
時給 当社規定による
勤務地 〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6F
その他 明るく楽しい職場です。
シフトは週40時間以上
ロースクール生歓迎
経験不問です。

応募方法
写真付きの履歴書を以下の住所までお送り下さい。
履歴書の返送はいたしませんのであしからずご了承下さい。
〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6階
ITJ法律事務所
[email protected]
採用担当宛