弁護士法人ITJ法律事務所

最高裁判例


戻る

主文
被告人を懲役6年に処する。
理由
(罪となるべき事実)
被告人は,平成29年12月17日午後3時頃から同日午後4時頃までの間に,
大阪市内のマンション当時の被告人方において,実子であるA(当時生後6か月)
に対し,その両脇等を両手で抱えたままその頭部等を前後に激しく揺さぶり,同人
をソファ付近に放り投げ,その頭部等を壁等に打ち付けさせるなどの暴行を加え,
よって,同人に急性硬膜下血腫,脳浮腫,両眼網膜出血,左上腕骨遠位端骨折,右
下顎縁沿いの線状表皮剥脱並びに右頰部,左下顎縁中央部及び右大腿󠄀部等の皮下出
血等の傷害を負わせ,平成30年1月6日午後2時53分頃,同市内の病院におい
て,同人を前記急性硬膜下血腫,脳浮腫等の傷害に基づく頭蓋内損傷による脳機能
不全により死亡させた。
(証拠の標目)

(法令の適用)
罰条刑法205条
(量刑の理由)
1被告人は,無抵抗の被害児の両脇を抱えるなどして,その頭部等を手加減する
ことなく揺さぶった上で放り投げる行為を2回繰り返し,放り投げた際に被害児
の頭部等を壁等に打ち付けさせるという強度の暴行を加えており,行為態様は悪
質である。もっとも,児童虐待でも,殴打するなどの暴行を長時間加えたような
事案と比較すると,本件が特に執拗で無慈悲とまで評価することはできない。
生後わずか6か月で,実の父親によって一方的に命を奪われた被害児の無念は
察するに余りあり,被害児の死亡という結果はもとより重大である。被害児の母
(被告人の本件当時の妻)及び祖母が厳しい処罰感情を抱くのも当然である。
被告人は,本件当日,仕事のために家を空けていた妻の代わりに,長男(当時
1歳9か月)と被害児の育児を一人で担っており,泣き止まない被害児に苛立ち
を募らせ,突発的に本件犯行に及んだと認められるところ,このような動機に酌
量すべき事情はない。しかし,被告人は,これまで,不慣れながらも被告人なり
に長男及び被害児の育児に努めていたのであり,本件までに虐待を加えたとの事
情は認められないこと,本件当時,仕事が繁忙な中で育児を行っており,相当程
度ストレスを抱える環境にあったのは理解できることなどを踏まえると,検察官
の主張するように,本件犯行の動機や経緯が救いようのないほど悪質とまではい
えない。
これらの諸事情を踏まえると,本件は,凶器を用いない児童虐待による傷害致
死事件の中で,中程度の部類に属する事案である。
2一般情状についてみると,被告人が法廷で拙いながらも反省の弁を述べたこと,
前科前歴がないことなどの事情が認められる。なお,被告人の父親が今後の監督
を誓約したが,十分な監督は期待し難いことからすると,この点は被告人に有利
な事情として考慮することはできない。
以上より,被告人を主文の刑に処するのが相当と判断した。
(求刑懲役8年)
平成31年1月22日
大阪地方裁判所第5刑事部
裁判長裁判官長瀨敬昭
裁判官大久保優子
裁判官大畑勇馬

戻る



採用情報


弁護士 求人 採用
弁護士募集(経験者 司法修習生)
激動の時代に
今後の弁護士業界はどうなっていくのでしょうか。 もはや、東京では弁護士が過剰であり、すでに仕事がない弁護士が多数います。
ベテランで優秀な弁護士も、営業が苦手な先生は食べていけない、そういう時代が既に到来しています。
「コツコツ真面目に仕事をすれば、お客が来る。」といった考え方は残念ながら通用しません。
仕事がない弁護士は無力です。
弁護士は仕事がなければ経験もできず、能力も発揮できないからです。
ではどうしたらよいのでしょうか。
答えは、弁護士業もサービス業であるという原点に立ち返ることです。
我々は、クライアントの信頼に応えることが最重要と考え、そのために努力していきたいと思います。 弁護士数の増加、市民のニーズの多様化に応えるべく、従来の法律事務所と違ったアプローチを模索しております。
今まで培ったノウハウを共有し、さらなる発展をともに目指したいと思います。
興味がおありの弁護士の方、司法修習生の方、お気軽にご連絡下さい。 事務所を見学頂き、ゆっくりお話ししましょう。

応募資格
司法修習生
すでに経験を有する弁護士
なお、地方での勤務を希望する先生も歓迎します。
また、勤務弁護士ではなく、経費共同も可能です。

学歴、年齢、性別、成績等で評価はしません。
従いまして、司法試験での成績、司法研修所での成績等の書類は不要です。

詳細は、面談の上、決定させてください。

独立支援
独立を考えている弁護士を支援します。
条件は以下のとおりです。
お気軽にお問い合わせ下さい。
◎1年目の経費無料(場所代、コピー代、ファックス代等)
◎秘書等の支援可能
◎事務所の名称は自由に選択可能
◎業務に関する質問等可能
◎事務所事件の共同受任可

応募方法
メールまたはお電話でご連絡ください。
残り応募人数(2019年5月1日現在)
採用は2名
独立支援は3名

連絡先
〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6F
ITJ法律事務所 採用担当宛
email:[email protected]

71期修習生 72期修習生 求人
修習生の事務所訪問歓迎しております。

ITJではアルバイトを募集しております。
職種 事務職
時給 当社規定による
勤務地 〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6F
その他 明るく楽しい職場です。
シフトは週40時間以上
ロースクール生歓迎
経験不問です。

応募方法
写真付きの履歴書を以下の住所までお送り下さい。
履歴書の返送はいたしませんのであしからずご了承下さい。
〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6階
ITJ法律事務所
[email protected]
採用担当宛