弁護士法人ITJ法律事務所

裁判例


戻る

平成28年5月27日宣告
平成27年(わ)第655号強盗殺人被告事件
主文
被告人を無期懲役に処する。
未決勾留日数中150日をその刑に算入する。
理由
(犯行に至る経緯)
被告人は,生活費や遊興費に困り,金融機関や知人から借金を繰り返していたと
ころ,平成26年3月頃,いわゆる闇金融を営むA(以下「被害者」という。)と
知り合って同人から金銭を借り入れ,一旦完済した後,同年5月上旬頃,年金を担
保に月1割の利息を支払う約束で新たに15万円を借り入れ,その後も毎月ではな
いが月10万円ないし15万円程度の借入れを継続した。他方,被告人は,被害者
に対し,2か月に1度偶数月に年金が振り込まれる預金口座の通帳を預け,その年
金から平成27年2月までに65万円程度を返済したが,年金以外での返済を求め
られることもあった。そのため,被告人は,自分の妹から援助を受けられるかのよ
うに装った妹名義のうその念書を被害者に差し入れて返済を引き延ばし,平成27
年3月か翌4月頃には上記通帳の紛失届を金融機関に提出して被害者に対する返済
を滞らせた。これにより,被告人は,同年8月下旬頃の時点で多くとも約200万
円の債務を負う状態に陥り,被害者から,やくざを使って妹から取り立てる,債務
残額は400万円であるなどと言われて,債務の返済を迫られた。被告人は,この
ような被害者の言動に加え,被害者から無報酬で雑用をさせられるなどの不当な扱
いを受けたと感じていたことなどから,被害者に強い憎しみを抱き,その頃までに
は,被害者の殺害を漠然と考えるようになっていた。
(罪となるべき事実)
被告人は,金融機関からの新たな借入れや自分の借金の返済に関して被害者と相
談するため,平成27年9月7日午前8時前頃,広島市a区b町c番d号eビルf
号室の被害者方を訪れた。しかし,借金の明細を明らかにすることを拒む被害者と
の間で口論となり,同人からペットボトルで肩や胸の辺りを小突かれたりしたこと
をきっかけに,被害者に対する憎しみを爆発させ,被害者を殺害し,多くとも約2
00万円の前記債務の返済を免れようと考えた。そこで,被告人は,同日午前9時
頃,同所において,被害者(当時66歳)に対し,殺意をもって,その口及び鼻を
両手で塞ぎ,その頭部をガラス製の灰皿(重量約1.234キログラム)で10回
程度殴るなどし,よって,その頃,同所において,同人を出血性ショックにより死
亡させて殺害し,
同暴行終了後,
テーブル上にあった財布内の現金を奪おうと考え,
同人所有の現金約135万円を強取するとともに,上記債務の返済を事実上免れて
財産上不法の利益を得た。
(証拠の標目)省略
(争点に対する判断及び事実認定の補足説明)
1被告人が被害者所有の現金を奪う決意をした時点
この争点に関する被告人の公判供述は,被害者方6畳間のベッドに座っていた
被害者の背後に回ってその口と鼻を両手で塞いでいる最中に,被害者が「やめえ
や。借金もチャラにしたるから,金もあるだけ持って帰れ。」などと言ってテー
ブル上に財布を投げつけ,その財布から札が出ているのが見えた,心臓が悪く口
や鼻を塞げば簡単に殺せると考えていたのに被害者に抵抗されたので被害者を
制圧して殺害することに集中しており,そのときは,お金のことを考える余裕が
なかったというものである。そして,検察官は,犯行状況に関する被告人の同供
述を前提として,財布から札が見えた時点で欲が出てお金を取ろうと思った旨の
供述が記載された被告人の検察官調書(乙5)に基づき,被害者がテーブル上に
投げつけた財布から札が出ているのを被告人が見た時点で現金を奪う決意をし
たと主張する。しかし,当時の取調べ状況を見ると,検察官が正に「お金が見え
た時点」の被告人の内心を問うているのに対し,被告人は,その「お金が見えた
時点」を,財布から札が出ている状況を「初めて見た時点」であるのか,あるい
は,その後被害者方を立ち去るまでの間に見たという「幅のある時点」であるの
かを明確に区別して供述しているのか疑わしい。上記検察官調書の供述記載を文
字通り理解することは相当でない。さらに,被告人が供述する犯行状況を前提と
すれば,被告人が,当時,生活費に困っていたことなどの検察官主張の事情を考
慮しても,現金を見た瞬間にこれを奪うことまでとっさに思いが至らないことは
十分にあり得る。
以上によれば,検察官の上記主張について,常識的に考えて間違いないといえ
るだけの立証はなく,被告人が公判で供述するとおり,殺害行為の終了後に現金
を奪う決意をしたものと認定した。
2被告人が被害者の胸部をガラス製の灰皿で殴打した事実の有無
検察官は,被告人が被害者の胸部を灰皿で殴った旨主張するのに対し,被告人
は,犯行状況に関し,被害者の口と鼻を両手で塞ぐなどしてもみ合っていると被
害者がベッドから落ち,テーブルとの間に身体の左側を下にして横たわった,ほ
とんど動かなかった被害者に止めを刺そうと考え,ビニールひもで首を絞めよう
としたがうまくできず,続いて,頭にビニール袋をかぶせ,テーブル上に置いて
あったガラス製の灰皿を右手に持ち,被害者の頭の辺りに両膝を着き,肩くらい
の高さまでその灰皿を振り上げて10回くらいビニール袋の上から被害者の頭
を殴った,被害者の胸を灰皿で殴ってはいないなどと供述する。
被告人の同供述は,事件直後に被害者の遺体がベッドとテーブルの間の狭い空
間に左側を下にして横たわっていた状況や被害者の頭部の損傷がほぼ右側に集
中していたことなど,客観的な現場や遺体の状況とよく整合しているから,信用
することができる。この被告人供述から認められる犯行状況によれば,被害者の
胸部を灰皿で殴ることができるような機会が生じたとは言い難い。
被害者の遺体を解剖したB医師は,被害者の前胸部左側に認められる断線状で
弧状の表皮剥脱は鈍体による圧迫により生じたものと考えられ,凶器となった凹
凸のある灰皿を成傷器と考えて矛盾がない旨,上記圧迫が1回である旨証言する
が,灰皿以外の成傷器の存在を否定するものではなく,本件犯行現場の状況や被
告人と被害者とのもみ合いの状況等からすると,灰皿でわざと殴打しなくとも被
害者の前胸部左側の表皮剥脱が生じ得た可能性を排斥することができない。
この点に関する検察官の主張についても,常識的に考えて間違いないといえる
だけの立証はされていない。
3被告人が被害者から約200万円の債務の返済を迫られていたとされている点
被告人は,前記(犯行に至る経緯)のとおりの借入れと返済を繰り返した末,
被害者に対する借入元金は30万円ないし50万円程度であり,複利計算で算出
される利息を含めると200万円程度は返済しなければならないと考えていた
旨供述する。被告人が平成26年5月頃に15万円を借り入れたことが同年4月
23日付けの金銭借用証書により裏付けられていること,その後の借入れの額及
び頻度に関する被告人供述に特段不自然な点がないことに照らすと,この被告人
供述は信用することができる。
他方,被告人供述以外に,被告人の債務残額が約200万円であることを明確
に示す明細等の資料は存在しない。被告人に対する貸付元金が平成26年秋頃の
時点で約110万円であった旨のCの証言も,その算出根拠が不明であり,証拠
価値が乏しい。
そうすると,具体的な債務残額を証拠によって確定することは困難であり,債
務残額についての被告人の上記認識に基づき,平成27年8月下旬頃の時点で多
くとも約200万円の債務が残存していたと認めるのが相当である。
(法令の適用)
[罰条]包括して刑法240条後段
(なお,
本件の現金奪取は,
借金返済を免れる目的で行われた殺害行為の直後,こ
れに引き続いて,その機会にその場所で行われたもの
であるから,本件の不法利得と包括して考慮するのが
相当であり,現金奪取の点も含めた被告人の本件犯行
は,強盗殺人の包括一罪に当たる。)
[刑種の選択]無期懲役刑を選択
[未決勾留日数の算入]刑法21条
[訴訟費用の不負担]刑事訴訟法181条1項ただし書
(量刑の理由)
被告人は,被害者の心臓が悪いことを知りながら,口と鼻を両手で塞ぎ,被害者
が倒れて動かなくなった後も,ガラス製の灰皿で血が出るまで頭部を殴り続けるな
どした。突発的とはいえ,その犯行態様は,被害者を確実に殺害する危険性の高い
ものである。生じた結果は,被害者を殺害し,借金の返済を事実上免れるにとどま
らず,現金約135万円を奪うというものであり,うち約130万円が残っている
点を踏まえても,重大である。酌むべき事情として弁護人が強調する犯行に至る経
緯及び動機について見ると,厳しい取立てに遭って窮地に追い込まれるほどの状況
が生じていたとは認められず,闇金融との関わり及び金銭に窮する事態も被告人自
身が招いたことであるし,窮状を脱する合法的な方法が残されていたのに安易かつ
身勝手に本件犯行に及ぶ決意をしており,同情の余地は少ない。このような犯情の
重さからすると,法定刑を下回る量刑をすべき事情はない。被告人が事実を認めて
犯した罪に向き合う姿勢を見せていること,知人女性が今後定期的な面会を通じて
被告人の心の支えになると見込まれることなど,被告人に有利と評価できる一般情
状事実を考慮しても,なお法定刑を下回る量刑をすべき事情はなく,同種の強盗殺
人事案の量刑傾向に照らし,被告人に対しては,検察官の求刑どおり無期懲役刑に
処するのが相当である。
(検察官山名論平,同岩本直人,弁護人矢野雄介〔主任〕,同田島侑介各出席)
(検察官求刑無期懲役刑弁護人の量刑意見酌量減軽の上有期懲役刑)
平成28年5月31日
広島地方裁判所刑事第1部
裁判長裁判官丹羽芳徳
裁判官武林仁美
裁判官藤村香織

戻る



採用情報


弁護士 求人 採用
弁護士募集(経験者 司法修習生)
激動の時代に
今後の弁護士業界はどうなっていくのでしょうか。 もはや、東京では弁護士が過剰であり、すでに仕事がない弁護士が多数います。
ベテランで優秀な弁護士も、営業が苦手な先生は食べていけない、そういう時代が既に到来しています。
「コツコツ真面目に仕事をすれば、お客が来る。」といった考え方は残念ながら通用しません。
仕事がない弁護士は無力です。
弁護士は仕事がなければ経験もできず、能力も発揮できないからです。
ではどうしたらよいのでしょうか。
答えは、弁護士業もサービス業であるという原点に立ち返ることです。
我々は、クライアントの信頼に応えることが最重要と考え、そのために努力していきたいと思います。 弁護士数の増加、市民のニーズの多様化に応えるべく、従来の法律事務所と違ったアプローチを模索しております。
今まで培ったノウハウを共有し、さらなる発展をともに目指したいと思います。
興味がおありの弁護士の方、司法修習生の方、お気軽にご連絡下さい。 事務所を見学頂き、ゆっくりお話ししましょう。

応募資格
司法修習生
すでに経験を有する弁護士
なお、地方での勤務を希望する先生も歓迎します。
また、勤務弁護士ではなく、経費共同も可能です。

学歴、年齢、性別、成績等で評価はしません。
従いまして、司法試験での成績、司法研修所での成績等の書類は不要です。

詳細は、面談の上、決定させてください。

独立支援
独立を考えている弁護士を支援します。
条件は以下のとおりです。
お気軽にお問い合わせ下さい。
◎1年目の経費無料(場所代、コピー代、ファックス代等)
◎秘書等の支援可能
◎事務所の名称は自由に選択可能
◎業務に関する質問等可能
◎事務所事件の共同受任可

応募方法
メールまたはお電話でご連絡ください。
残り応募人数(2019年5月1日現在)
採用は2名
独立支援は3名

連絡先
〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
ITJ法律事務所 採用担当宛
email:[email protected]

71期修習生 72期修習生 求人
修習生の事務所訪問歓迎しております。

ITJではアルバイトを募集しております。
職種 事務職
時給 当社規定による
勤務地 〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
その他 明るく楽しい職場です。
シフトは週40時間以上
ロースクール生歓迎
経験不問です。

応募方法
写真付きの履歴書を以下の住所までお送り下さい。
履歴書の返送はいたしませんのであしからずご了承下さい。
〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
ITJ法律事務所
[email protected]
採用担当宛