弁護士法人ITJ法律事務所

裁判例


戻る

19む1382
20.2.12千葉地裁棄却316条の26第1項
主文
本件裁定の申立てを棄却する。
理由
申立ての趣旨及び理由
本件裁定の申立ての趣旨及び理由は,主任弁護人作成の「証拠開示に関する裁定請求
書」記載のとおりであり,その要旨は,A及びBに対する別紙証拠目録記載の証拠(以下
「本件証拠」という)がいずれも刑事訴訟法(以下「刑訴法」という)316条の20第1項
。。
に該当するが,検察官がその開示に応じないので,同法316条の26第1項に基づいて本件証
拠の開示を命じる旨の決定を求めるというものである。
当裁判所の判断
(1)弁護人らは,本件公判前整理手続において「検察官は,Aの検察官調書及び裁

判官調書を被告人との共同犯行状況等を立証するために,また,Bの検察官調書及び裁判
官調書をAと行動を共にしていた状況等を立証するためにそれぞれ証拠申請している。し
かしながら,弁護人は,Aらは捜査協力者であり,同人らの上記調書の証拠能力は否定さ
れるべきであり,また,本件公訴提起自体が不適法であると主張する予定である。そして,
Aらが捜査協力者であることを立証するためにはその捜査過程を詳細に調査する必要があ
る。また,Aらの供述調書の信用性に関連して,Aらの健康状態,精神状態(違法薬物の
摂取等)についても主張する予定である。そして,これらの検討のためには本件証拠の開
示を受ける必要がある」と主張している。

これに対して,検察官は「本件証拠のうち,別紙証拠目録(1)記載の証拠については,

別紙開示証拠目録記載の証拠について弁護人に開示し,本件証拠のうち,その余の証拠に
ついては,検察官の手持ち証拠の中には存在しない。また,別紙証拠目録(2)記載の証拠
以下これを留置関係書類というについては開示の対象とはならないし同目
(,「」。
),,
録(3)記載の証拠のうち犯罪捜査規範13条に規定している書類は本件では作成されていな

い」と主張している。

(2)そこで本件申立ての当否について検討するにまず既に検察官が弁護人に開
,,,
示した証拠以外に,検察官が本件証拠を保管しているとは認められない。しかしながら,
「刑訴法316条の26第1項の証拠開示命令の対象となる証拠は,必ずしも検察官が現に保管
している証拠に限られず,当該事件の捜査の過程で作成され,又は入手した書面等であっ
て,公務員が職務上現に保管し,かつ,検察官において入手が容易なものを含むと解する
のが相当である(最高裁平成19年し第424号同年12月25日第三小法廷決定参照)から,
」()
更にこの点について検討する。
本件証拠のうち,留置関係書類については,被留置者の留置に関する規則に基づき,被
留置者に対する処遇の適正を図るためその管理の必要上作成され,留置施設に備え置かれ
ているものであって,捜査の過程で作成され又は入手したものとはいえず,このような書
類についてまで,検察官において,これを取り寄せるなどしてその内容を開示する義務が
あるとはいえない。そして,別紙証拠目録(1)及び(2)記載の証拠については,検察官が保
管しているか否かに関わらず,未開示のものがあるとは認められない。
(3)以上検討したとおり本件証拠のうち弁護人が未開示であるとして開示を求め
,,
る証拠については,存在しないか検察官において開示する義務が認められないものである
から,検察官が開示すべき証拠を開示していないとは認められない。
よって,本件裁定の申立てには理由がないから,これを棄却することとし,主文のとお
り決定する。
(裁判長裁判官・彦坂孝孔,裁判官・作田寛之,裁判官・甲斐雄次)
証拠目録
別紙
(1)A及びBに対する取調べ状況供述内容通訳人の有無等について記載された捜査
,,
報告書等
(2)A及びBに関する留置人金品出納簿留置人接見簿留置人出入簿留置人文書発
,,,
受簿,留置人診療簿,看守勤務日誌等の簿冊類
(3)その他,A及びBの取調べ状況等,逮捕・勾留中の動向を明らかにする証拠
開示証拠目録
別紙
・平成20年1月11日付け検察事務官C作成の捜査報告書1通
・同19年6月25日付け捜査関係事項照会書写し3通
・同月28日付けD警察署長作成名義の回答書1通
・同月29日付けE警察署長作成名義の捜査関係事項照会回答書1通
・同月25日付けF警察署長作成名義の収容期間における財務事務官による取調べに係
る留置施設出入状況について(回答)1通
・平成20年1月11日付け検察事務官C作成の電話聴取書1通

戻る



採用情報


弁護士 求人 採用
弁護士募集(経験者 司法修習生)
激動の時代に
今後の弁護士業界はどうなっていくのでしょうか。 もはや、東京では弁護士が過剰であり、すでに仕事がない弁護士が多数います。
ベテランで優秀な弁護士も、営業が苦手な先生は食べていけない、そういう時代が既に到来しています。
「コツコツ真面目に仕事をすれば、お客が来る。」といった考え方は残念ながら通用しません。
仕事がない弁護士は無力です。
弁護士は仕事がなければ経験もできず、能力も発揮できないからです。
ではどうしたらよいのでしょうか。
答えは、弁護士業もサービス業であるという原点に立ち返ることです。
我々は、クライアントの信頼に応えることが最重要と考え、そのために努力していきたいと思います。 弁護士数の増加、市民のニーズの多様化に応えるべく、従来の法律事務所と違ったアプローチを模索しております。
今まで培ったノウハウを共有し、さらなる発展をともに目指したいと思います。
興味がおありの弁護士の方、司法修習生の方、お気軽にご連絡下さい。 事務所を見学頂き、ゆっくりお話ししましょう。

応募資格
司法修習生
すでに経験を有する弁護士
なお、地方での勤務を希望する先生も歓迎します。
また、勤務弁護士ではなく、経費共同も可能です。

学歴、年齢、性別、成績等で評価はしません。
従いまして、司法試験での成績、司法研修所での成績等の書類は不要です。

詳細は、面談の上、決定させてください。

独立支援
独立を考えている弁護士を支援します。
条件は以下のとおりです。
お気軽にお問い合わせ下さい。
◎1年目の経費無料(場所代、コピー代、ファックス代等)
◎秘書等の支援可能
◎事務所の名称は自由に選択可能
◎業務に関する質問等可能
◎事務所事件の共同受任可

応募方法
メールまたはお電話でご連絡ください。
残り応募人数(2019年5月1日現在)
採用は2名
独立支援は3名

連絡先
〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
ITJ法律事務所 採用担当宛
email:[email protected]

71期修習生 72期修習生 求人
修習生の事務所訪問歓迎しております。

ITJではアルバイトを募集しております。
職種 事務職
時給 当社規定による
勤務地 〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
その他 明るく楽しい職場です。
シフトは週40時間以上
ロースクール生歓迎
経験不問です。

応募方法
写真付きの履歴書を以下の住所までお送り下さい。
履歴書の返送はいたしませんのであしからずご了承下さい。
〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
ITJ法律事務所
[email protected]
採用担当宛