弁護士法人ITJ法律事務所

裁判例


戻る

主文
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。
理由
上告代理人合路義樹の上告理由第一について。
本件土地とその上にある本件建物は、もとDの所有であつたが、昭和二六年一二月
二〇日頃DからEに譲渡された。しかし建物については、その登記未了のうちに、D
の債権者たるFから強制競売の申立があり、昭和二七年五月九日強制競売手続開始決
定が為された結果、昭和二八年六月一〇日の競落許可決定に基づいて上告人において
その所有権を取得した。一方、土地については、昭和二七年一〇月二二日に至つてD
からEに所有権移転登記が為され、次いで昭和三〇年二月二六日Eから被上告人に譲
渡されて被上告人においてその所有権を取得した。以上は、原審が確定した本件の事
実関係である。
右のような事実関係の下において、上告人は、前記強制競売手続開始決定当時にお
ける登記欠缺を理由に、Eにおいては本件土地及び建物の所有権取得をもつて上告人
に対抗できないとし、また、同一所有者に属する土地とその上の建物のうち建物だけ
が強制競売に付されて競落人に移転する場合には、地上権が設定されたものとしなけ
ればならないとし、よつて本件の場合は、D所有の本件土地及び建物のうちの建物だ
けの競落人である上告人のために地上権が成立しているものとしなければならないと
主張するのである。従つて、上告人の右主張は、本件当時の実定法上の解釈としては、
民法三八八条の法定地上権の規定の類推乃至拡張をいうものと解する外ない。
しかし、何ら抵当権設定のない同一所有者に属する土地及びその上の建物が強制競
売の結果所有者を異にするに至つた場合につき、大審院判例は法定地上権の成立を認
めていないのであり(昭和八年(オ)一五八四号同九年二月二八日判決、昭和一〇年
(オ)二六四四号、同一一年四月二二日判決)
、民法三八八条が抵当権設定があつた
ときは競売の場合につき地上権を設定したものと看做す旨の特別規定であること及び
抵当権設定のない場合の建物競落人は事前或いは事後の交渉により借地権等の敷地使
用権を取得する途がないではないこと等によつてみれば、いま茲に右大審院判例の趣
旨を変更し、抵当権設定のない場合についてまで右三八八条の類推乃至拡張により地
上権の設定があつたものと看做すというのは相当ではない。のみならず、当該不動産
につき差押乃至配当加入をしたものでない単なる一般債権者にすぎない者は、登記の
欠缺を主張する正当な利益を有するところの民法一七七条にいう第三者に当らないこ
とは、これまた大審院判例の存するところであつて(明治四一年(オ)二六九号、同
四一年一二月一五日連合部判決)
、この点についても従来の判例を変更する必要を認
めないから、前記の事実関係によつて明らかなように本件建物のみを差押えたF、ひ
いて右差押に基づく競売手続における競落人たる上告人は、建物についてはEの登記
欠缺を主張する正当な利益を有する第三者に当るけれども、本件土地については単な
る一般債権者の域を出でず、右の第三者に当らないというべきである。従つて本件の
場合は、
「土地及びその上の建物が同一所有者に属すること」という民法三八八条に
よる法定地上権成立の要件を欠く場合といわなければならない。
以上によれば、本件の場合につき法定地上権成立をいう上告人の主張は、主張自体
失当というべきものであつて、上告人の右主張を排斥した終局の結論において原判決
は正当に帰する。所論は右と異る見解を主張するものであり、所掲の判例は本件の場
合論旨を支持するに足らない。よつて論旨はすべて採用できない。
同第二について。
所論主張について原審は判断を示している。原判決に所論の違法はなく、論旨は採
用できない。
よつて、民訴四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一致で、主文のとお
り判決する。
最高裁判所第三小法廷
裁判長裁判官五鬼上堅磐
裁判官河村又介
裁判官垂水克己
裁判官石坂修一
裁判官横田正俊

戻る



採用情報


弁護士 求人 採用
弁護士募集(経験者 司法修習生)
激動の時代に
今後の弁護士業界はどうなっていくのでしょうか。 もはや、東京では弁護士が過剰であり、すでに仕事がない弁護士が多数います。
ベテランで優秀な弁護士も、営業が苦手な先生は食べていけない、そういう時代が既に到来しています。
「コツコツ真面目に仕事をすれば、お客が来る。」といった考え方は残念ながら通用しません。
仕事がない弁護士は無力です。
弁護士は仕事がなければ経験もできず、能力も発揮できないからです。
ではどうしたらよいのでしょうか。
答えは、弁護士業もサービス業であるという原点に立ち返ることです。
我々は、クライアントの信頼に応えることが最重要と考え、そのために努力していきたいと思います。 弁護士数の増加、市民のニーズの多様化に応えるべく、従来の法律事務所と違ったアプローチを模索しております。
今まで培ったノウハウを共有し、さらなる発展をともに目指したいと思います。
興味がおありの弁護士の方、司法修習生の方、お気軽にご連絡下さい。 事務所を見学頂き、ゆっくりお話ししましょう。

応募資格
司法修習生
すでに経験を有する弁護士
なお、地方での勤務を希望する先生も歓迎します。
また、勤務弁護士ではなく、経費共同も可能です。

学歴、年齢、性別、成績等で評価はしません。
従いまして、司法試験での成績、司法研修所での成績等の書類は不要です。

詳細は、面談の上、決定させてください。

独立支援
独立を考えている弁護士を支援します。
条件は以下のとおりです。
お気軽にお問い合わせ下さい。
◎1年目の経費無料(場所代、コピー代、ファックス代等)
◎秘書等の支援可能
◎事務所の名称は自由に選択可能
◎業務に関する質問等可能
◎事務所事件の共同受任可

応募方法
メールまたはお電話でご連絡ください。
残り応募人数(2019年5月1日現在)
採用は2名
独立支援は3名

連絡先
〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
ITJ法律事務所 採用担当宛
email:[email protected]

71期修習生 72期修習生 求人
修習生の事務所訪問歓迎しております。

ITJではアルバイトを募集しております。
職種 事務職
時給 当社規定による
勤務地 〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
その他 明るく楽しい職場です。
シフトは週40時間以上
ロースクール生歓迎
経験不問です。

応募方法
写真付きの履歴書を以下の住所までお送り下さい。
履歴書の返送はいたしませんのであしからずご了承下さい。
〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
ITJ法律事務所
[email protected]
採用担当宛