弁護士法人ITJ法律事務所

裁判例


戻る

平成252号
決定
請求人X
上記の者に対する銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件について,平成10年8
月25日札幌地方裁判所が言い渡した有罪の確定判決に対し,平成25年9月25
日請求人から再審の請求があったので,当裁判所は,請求人及び検察官の意見を聴
いた上,次のとおり決定する。
主文
本件について再審を開始する。
理由
第1事案の概要等
請求人は,平成10年8月25日,札幌地方裁判所でけん銃加重所持罪により
懲役2年に処せられ,同年9月9日に同判決が確定した。
確定審においては,捜査機関による違法なおとり捜査の有無等が争いとなった
が,この点,確定判決は,検察側証人5名(現行犯逮捕の現場に居合わせた警察
官3名及び捜査協力者として請求人が挙げたパキスタン人2名)の証言等に基づ
き,そもそも警察が関与したおとり捜査自体が存在しなかったと認定して,請求
人側の無罪主張を退けた。
しかし,今般請求人が新たに提出した証拠によって,確定審における前記証人
らが,いずれもおとり捜査の存在自体を隠蔽するため,公判で偽証をしたり,あ
るいは内容虚偽の捜査書類を作成していたことが明らかとなり,確定判決が有罪
認定に用いた各種証拠の証拠能力に関する判断は,文字通り根本から覆った。
本件再審請求の趣意は,こうした新旧両証拠を総合評価して認められる事実を
前提にすると,本件捜査は違法なおとり捜査であり,改めて請求人に無罪が言い
渡されるべきであるとして,刑訴法435条6号所定の事由があるというもので
ある。以下,その趣意を踏まえて判断する。
第2当裁判所の判断
1旧証拠,新証拠及び当審における事実取調べの結果を総合すると,次のよう
な事実が認められる。
(1)Aは,警察官として長年にわたって銃器犯罪捜査に携わり,平成5年頃から
は北海道警察本部の銃器対策部門に配属されていた。平成8年終わり頃から平
成9年初め頃には,捜査協力者であるBを通じて,ロシア人相手に中古車販売
業を営むCやそのいとこのDと知り合い,Cを銃器犯罪摘発のための捜査協力
者として用いるようになった。日本語の話せないDとは,それほど密接な関係
にはなかったものの,CやBの下にいる捜査協力者として付き合っていた。A
は,日頃から,Cら捜査協力者に対し,「何でもいいからけん銃を持ってこさ
せろ。」と指示をしていた。
請求人は,事件当時,ロシアの船員として稼働していた者であり,ロシア本
国における前科前歴はなく,ロシアマフィアや銃器取引に関与したことを窺わ
せるような事情もなかった。平成9年8月頃に初めて来日した際,同僚の船員
2名と共に,Dの案内の下,車でCの店を含む中古車販売店を回っていたとこ
ろ,その車内でDから,「イタリア製かアメリカ製のけん銃が欲しい。あれば
車と換えることができる。


「けん銃があれば欲しい中古車と交換してやる。

などと話しかけられた。その2日後にも,請求人が,Dに対し,プレゼントさ
れた土産物のお礼として,「次に来るときになんか欲しいものないか。もしよ
ければかにでも持ってこようか。」と申し出たところ,Dからは,「かにはい
らないけれども,けん銃ならいいよ。」と言われた。
その後,請求人はロシアに帰国したが,同年11月11日頃に再び日本に向
けて渡航することとなった。請求人は,たまたま父の遺品である本件けん銃等
を所持していたことから,タダ同然のけん銃と中古車を交換できればラッキー
いた請求人は,Dや同僚の船員と共に札幌の中古車販売店を訪れたが,その帰
り道にDと車内で2人きりになった際,Dに本件けん銃のポラロイド写真1枚
を渡した。
その後,
請求人らとDは,
翌日も中古車販売店を回ることを約束し,
Dが請求人らを港まで迎えに行くことにして,別れた。
同日夜,Aの下に,Bを通じて,請求人が日本にけん銃を持ち込み,Cに売
り込んでいるとの情報がもたらされた。これを受けて,銃器対策課では捜査会
議が開かれ,翌朝に,Cらを使って,請求人が船外へ本件けん銃等を持ち出す
ように仕向けて,請求人を現行犯逮捕するという方針が決定された。さらに,
この捜査会議の前後に,捜査書類の作成などに当たり,Cの存在を隠すことが
決められ,Aらにも伝えられた。
翌14日午前8時頃,
CとDが請求人らを迎えに来た際,
請求人は,
Dから,
「Cにピストルが必要なので,本件けん銃と日産サファリを交換する。」旨の
話を告げられた。その後,請求人は,同僚の船員1名と共に,Cの経営する中
古車販売店に向かい,実際にCから,1万ドルの値札が付けられた日産サファ
リを見せられた。
Cと共に港に戻ると,請求人は,Cからけん銃を船から持って来るよう言わ
れたため,船からこれを持ち出し,埠頭に止めた車の中で待機していたCに渡
そうとした。しかし,Cはこれを受け取らず,「警察,プロブレム。」と言っ
て車を降り,請求人についてくるよう指示して,本件逮捕現場の方へと向かっ
た。そこで,請求人は,Cの後を追い,本件逮捕現場において,着衣から本件
けん銃等を取り出してCに手渡そうとしたところ,その場で待機していた警察
官らによって取り囲まれ,現行犯逮捕された。
(2)このように,Dは,日頃捜査協力者に対し「何でもいいからけん銃を持って
来させろ。」と指示していたAの意を受けて,請求人らロシア人船員に対し,
日本にけん銃を持ってくるよう働きかけを行い,実際に請求人がけん銃を日本
に持ち込むや,Bらを通じてAに情報提供をしたものと認められる(なお,A
は,偽証を認めた当初,捜査協力者に対し,けん銃の情報が欲しいと求めてい
ただけであると述べていたのに対し,その後,上記のように働きかけを容認す
るような指示をしていたと述べ,変遷が見られる。この点,Aは,当時,銃器
対策課が過重な捜査ノルマを課されていたことから種々の違法な捜査を行って
いたことを告白した上で,捜査協力者に対する働きかけを容認するような指示
をしていたなどと述べており,その内容は自然であって,逆に,これを否定す
るような事情は窺われず,働きかけを容認していたとの供述の信用性は高いと
いうべきである。)。
捜査機関側についていえば,自ら捜査協力者に対して「持って来させろ。」
などと指示していたAはもちろん,
その他の銃器対策課の警察幹部についても,
なぜ単なる中古車販売業者にすぎないCやDに対してけん銃の売り込みがあっ
たのか,その経緯を全く確認していないことなどからすると,捜査協力者であ
るCらが請求人に対して日本国内にけん銃を持ち込むよう何らかの働きかけを
行った可能性を認識しながら,それがどのような働きかけであろうと意に介す
ることなく,請求人を検挙しようとしたものと認められる(であるからこそ,
確定審においては,後述のように,銃器対策課の警察官が揃いも揃って,Dら
による働きかけの事実自体を隠匿すべく,躍起になって偽証までしていたわけ
である。)。
平成9年8月にDが請求人に対して働きかけを行った時点から,同年11月
14日に請求人が現行犯逮捕されるまで,銃器対策課によるおとり捜査が実施
された。
2以上の事実経緯を前提に,本件おとり捜査の適法性について検討する。
一般に,おとり捜査は,密行性の高い犯罪を摘発するのに有用である一方,
捜査機関又はその依頼を受けた捜査協力者が相手方に犯罪を実行するよう働き
かけることにより,刑事実体法で保護しようとする法益を国家が自ら危険にさ
らすという側面も有しているため,
常には許されるべきものではないといえる。
とりわけ,本件おとり捜査は,既に見たとおり,典型的な犯意を誘発するタイ
プのものと位置づけられるので,その適否を慎重に見極める必要がある。
(1)そこで,具体的に検討するに当たり,まずは捜査機関による誘引の強さがど
の程度のものであったかという点について見ていくと,本件では,日本にけん
銃を持ってくれば欲しい中古車と交換するといった働きかけがされている。販
売業者の取り扱う中古車にはそれなりの価値があると考えるのが通常であろう
し,現に,請求人がけん銃を日本に持ち込んだ段階で,1万ドルもの値札の付
いた日産サファリが交換品として提示されていることからすると,当初からあ
る程度高価な中古車との交換が想定されていたものと認められる。一方で,請
求人が持っていたけん銃は,
単に父の形見として持っていただけのものであり,
請求人にとっていわばタダ同然のものであったというのであるから,これと中
古車との交換という働きかけは,請求人に対しては,それなりに誘引力の強い
ものであったと認められる。
もとより,請求人がけん銃等の密輸商人であったというのであれば,本件捜
査も単に犯罪実行のきっかけを与えた程度に過ぎないということにもなろうが,
そもそも武器の密輸商であったなどとは全くもって認められないし,
そのほか,
請求人がロシアマフィアに関係するとか,銃器犯罪の犯罪性向を有していたな
どといった事実を認めるだけの証拠は全く存在しない。請求人のように,これ
まで銃器犯罪に縁のない者であっても,新たに犯意を誘発されるだけの働きか
けが行われたわけであり,そうした意味からいっても,誘引力の強さはそれな
りのものであったことが窺われる。
(2)更に進んで,捜査の必要性や誘引の具体的態様等に関わる事情について見て
いくこととするが,確かに,銃器犯罪のような密行性の高い犯罪を摘発するた
めには,おとり捜査が有用な場合もあるであろう。しかし,本件においては,
ロシアからの銃器の密輸入が多数に上るなど,おとり捜査をしてでも密輸ルー
トを解明することが喫緊の課題であったというような事情は何ら窺われない上,
こと請求人に関わる事情について見たところで,
Dが働きかけをした時点では,
請求人にはロシアマフィアや銃器犯罪への関与を示す事情などは全く存在せず,
銃器犯罪の具体的嫌疑は何ら認められなかったものといえる。検察官が言うよ
うに一般的には海外から密輸入されるけん銃を水際で阻止する必要があるとし
ても,こうした具体的嫌疑のない者に対してまでわざわざ積極的にけん銃を日
本に持ち込ませるよう働きかけるというのは,背理であろう。請求人のように
元々銃器犯罪を行う意図のない者に対してまで犯意を誘発するような強い働き
かけを行う必要性などは到底認められないし,かえって,こうした強い働きか
けを行うことにより,けん銃という危険物を本邦内に招き入れ,国民の生命,
身体を殊更危険にさらしたものといえる。
また,本件では,「何でもいいからけん銃を持ってこさせろ。」というAの
指示を間接的な形で受けていたDが,まさに文字通りその指示内容に従って,
おとり捜査の限界等につき全く顧慮することなどないまま,それこそなりふり
構わずにけん銃の日本への持ち込みを積極的に誘引していた事実が証拠から如
実に窺われる。検察官は,指示が間接であること等を捉えて,Aら警察官の関
与が希薄であるというが,むしろ,「何でもいいから」という言葉が示すよう
に,捜査協力者に対してフリーハンドで誘引等を任せきりにし,中には国家が
犯罪を作出するような違法なものが混じっていたとしても,それはそれで構わ
ない(「何でもいい」)という態度がありありと見て取れるのであるから,決
して関与が希薄などとはいえない。警察が国民の生命,身体を殊更危険にさら
したという点は,こうした誘引の具体的態様にもよく反映されている。
(3)以上の点のみからいっても,本件おとり捜査は,その必要性が認められず,
かえって,具体的な嫌疑もない者に対して犯意を誘発するような働きかけを行
うことで,
犯罪を抑止すべき国家が自ら新たな銃器犯罪を作出し,
国民の生命,
身体の安全を脅かしたものであるといい得るところ,更に本件では,次に示す
ような事情も認められる。
すなわち,特筆すべきは,銃器対策課の捜査官らは,事件後,こぞって内容
虚偽の捜査書類を作成した上,裁判でおとり捜査の違法性が争われるや,内部
で口裏合わせをした上,CやDは捜査協力者ではなく,おとり捜査は行ってい
ないなどと全く真実に反する証言をし,組織ぐるみで本件おとり捜査の存在を
隠蔽している。こうした捜査官らの行為は,事案の真相を明らかにして,適正
に刑罰法規を適用するという刑事裁判の目的を根底から覆し,請求人が公正な
裁判を受ける権利を踏みにじるものである。これほど悪質な隠蔽工作を図った
のは,
銃器対策課の捜査官自身,
本件おとり捜査は到底許されないものであり,
裁判でこれが明るみに出れば大変な事態になることを認識していたからであろ
う。検察官は,捜査協力者を報復から守るために,Cが捜査協力者であること
などを隠したに過ぎないなどと言うが,そうであれば単にCらの名前や素性を
伏せれば足りるはずである。そもそも,Cが逮捕現場まで請求人を誘導したこ
とを請求人自身が認識している以上,いくら捜査官が偽証したところで,Cの
保護にはつながらない。結局,重大な違法をはらんだおとり捜査が行われたか
らこそ,銃器対策課が組織ぐるみで隠蔽工作を行ったというのが事の真相とい
うべきであり,こうした事情もまた,本件おとり捜査の違法性を裏付けている
ものと見ることが可能である。
(4)(1)ないし(3)で述べた諸事情を総合すれば,本件おとり捜査は,およそ犯罪
捜査の名に価するものではなく,重大な違法があるのは明らかである。
なお,検察官は,請求人が本件けん銃等を日本国内に持ち込んだ後の捜査の
みを切り出して,その必要性,緊急性,相当性を強調したりもしているが,そ
もそも本件の問題は,日本にけん銃等を持ち込ませるに至った一連の経緯,す
なわちおとり捜査全体の適否が問われているものであり,これにつき,上記の
とおり違法と判断したわけである。
3結局,本件おとり捜査には,令状主義の精神を潜脱し,没却するのと同等と
もいえるほど重大な違法があると認められるから,本件おとり捜査によって得
られた証拠は,将来の違法捜査抑止の観点からも,司法の廉潔性保持の観点か
らも,証拠能力を認めることは相当ではない。殊に,銃器対策課が請求人を逮
捕する前から「Cを消す。」などと本件おとり捜査の存在を組織ぐるみで隠蔽
しようと画策していたことからすると,その違法性を認識しながら請求人を逮
捕したものと認められ,そのような捜査によって得られた証拠を用いることは
到底許されるべきことではない。本件おとり捜査が,請求人にけん銃を日本国
内に持ち込ませ,これを現行犯逮捕するなどして検挙することを目的としたも
のであることからすると,
少なくとも,
現行犯逮捕によって得られた各証拠
(本
件けん銃,実包,弾頭及び空薬莢(確定審の甲6ないし9),それらの鑑定書
(同じく甲11)並びに逮捕時の状況に関する捜査報告書等(同じく甲2ない
し4))は証拠排除されるべきである。
そうすると,請求人が真正なけん銃やこれに適合する実包を所持していたこ
とは請求人自身認めているものの,この自白を補強すべき証拠がなく,結局,
刑訴法319条2項により犯罪の証明がないことに帰するから,請求人に対し
無罪の言渡しをすべきである。本件再審請求は,刑訴法435条6号所定の有
罪の言渡しを受けた者に対して無罪を言い渡すべき明らかな証拠を新たに発見
したときに該当する。
よって,刑訴法448条1項により,本件について再審を開始することとす
る。
平成28年3月3日
札幌地方裁判所刑事第2部
裁判長裁判官佐伯恒治
裁判官高杉昌希
裁判官加々美希

戻る



採用情報


弁護士 求人 採用
弁護士募集(経験者 司法修習生)
激動の時代に
今後の弁護士業界はどうなっていくのでしょうか。 もはや、東京では弁護士が過剰であり、すでに仕事がない弁護士が多数います。
ベテランで優秀な弁護士も、営業が苦手な先生は食べていけない、そういう時代が既に到来しています。
「コツコツ真面目に仕事をすれば、お客が来る。」といった考え方は残念ながら通用しません。
仕事がない弁護士は無力です。
弁護士は仕事がなければ経験もできず、能力も発揮できないからです。
ではどうしたらよいのでしょうか。
答えは、弁護士業もサービス業であるという原点に立ち返ることです。
我々は、クライアントの信頼に応えることが最重要と考え、そのために努力していきたいと思います。 弁護士数の増加、市民のニーズの多様化に応えるべく、従来の法律事務所と違ったアプローチを模索しております。
今まで培ったノウハウを共有し、さらなる発展をともに目指したいと思います。
興味がおありの弁護士の方、司法修習生の方、お気軽にご連絡下さい。 事務所を見学頂き、ゆっくりお話ししましょう。

応募資格
司法修習生
すでに経験を有する弁護士
なお、地方での勤務を希望する先生も歓迎します。
また、勤務弁護士ではなく、経費共同も可能です。

学歴、年齢、性別、成績等で評価はしません。
従いまして、司法試験での成績、司法研修所での成績等の書類は不要です。

詳細は、面談の上、決定させてください。

独立支援
独立を考えている弁護士を支援します。
条件は以下のとおりです。
お気軽にお問い合わせ下さい。
◎1年目の経費無料(場所代、コピー代、ファックス代等)
◎秘書等の支援可能
◎事務所の名称は自由に選択可能
◎業務に関する質問等可能
◎事務所事件の共同受任可

応募方法
メールまたはお電話でご連絡ください。
残り応募人数(2019年5月1日現在)
採用は2名
独立支援は3名

連絡先
〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
ITJ法律事務所 採用担当宛
email:[email protected]

71期修習生 72期修習生 求人
修習生の事務所訪問歓迎しております。

ITJではアルバイトを募集しております。
職種 事務職
時給 当社規定による
勤務地 〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
その他 明るく楽しい職場です。
シフトは週40時間以上
ロースクール生歓迎
経験不問です。

応募方法
写真付きの履歴書を以下の住所までお送り下さい。
履歴書の返送はいたしませんのであしからずご了承下さい。
〒108-0023 東京都港区芝浦4-16-23アクアシティ芝浦9階
ITJ法律事務所
[email protected]
採用担当宛